盗聴発見器を考え始めたころ。

 

盗聴されているかもしれない...

あなたもこんな経験はありませんか?

 

・自宅に帰ったら、なんとなく家を出た時の様子と違う気がする

・自宅の固定電話で話している最中に、なんか雑音がする

・通話中に、いきなり切れてしまうことが度々ある

・無言電話や間違い電話が増えた

・教えてもいないのに、自分の情報を知っていて驚いた

・自宅のパソコンから、情報が漏れているようだ

・テレビの画像が乱れる事がある

・自宅付近に見慣れない車が停まっていたり、怪しげな人がいる

・自分で買ったものではない、ペンやコンセントがある

・電話料金が、たかくなった

 

もし、この中でひとつでも思い当たることがあったら、

盗聴されている可能性が。

盗聴発見器では発見できない盗聴器の登場 最新盗聴器事情

 

彼の浮気で腹が立ってね。

 

浮気を絶対認めないから、

動かぬ証拠をつかもうと 

部屋か車に盗聴器仕掛けてやろうと思ってさ。

 

盗聴器について調べてたら、

普通に探偵や興信所、

盗聴盗撮発見業者に盗聴調査されても

盗聴探知されても

盗聴発見器でも見つけられない盗聴器があることに気づいてね。

 

「おお、これはいい盗聴器だ!私が仕掛けたこともばれないよ。」

と思った反面、

 

もし自分が盗聴器を仕掛けられたことを考えたら、

背筋がぞ〜っとした。

 

とても怖い、ありえないこと。

 

だけど、ありえた

自分が、盗聴される側だったことに気づいたから。

本当に震えがとまらなかった。

 

だってね、

盗聴器ってテレビで見るような

盗聴器ばかりではないんだよ

 

最新の盗聴器には

物音や人の声に反応して稼動する

盗聴器が急速に普及しはじめているの。

 

音の無い状態では作動しない盗聴器。

 

その為にバッテリーも

通常の盗聴器よりも長もち

以前の盗聴発見方法では発見困難。

 

怖い やばいです

実際に盗聴器を見てみた 現代の最新盗聴器を触ってみる

 

盗聴発見器や盗聴器販売の店員さんによると

盗聴器は二つのタイプが今主流らしい

 

@リモコン式盗聴器

 

リモコンのオン・オフで盗聴電波の発生を開始させる盗聴器

常に電波を発していないため通常の盗聴発見方法では発見不可能。

オン・オフ機能の効果でバッテリーも長く持つ盗聴器がこれ。 

スパイ映画さながら

 

Aデジタル式盗聴器。

 

これが一番すごい。

携帯電話やPHSの見た目だが盗聴器

全国のどこからでも、電話できれば盗聴できる

つまり光らず鳴らずに携帯電話が着信になった状態で盗聴するわけ

 

デジタル波のため、調査には特殊機材が必要。

こまったことに従来のアナログ波用

盗聴器発見器では発見が不可能な盗聴器。

 

盗聴相手からの電話がないと稼動しない為、

盗聴発見には長時間かかる。

 

携帯電話本体の電池寿命しか稼動しないけれども

もし誰かが電話機と勘違いして

親切にも直接電源などに接続してしまったらと考えると恐ろしい

 

ちなみに説明書にはこう記されている

移動中の車内 遠方(日本全国)の音声を自宅で盗聴可能。

着信は完全に無音、無振動、無照光。

録音も可能

 

盗聴器使用場所の例

 

自動車のコンソールボックスの裏側の隙間

自動車の助手席の座席裏面の隙間

部屋の家具の引き出しの中。

会社のロッカーのなか

ぬいぐるみの中 に押し込むこと(が、おすすめらしい)←探してみよう

 

機能性は、他の盗聴器の追従を許さないとのこと。

盗聴発見業者に

発見されるなどの 心配はありませんので安心してお使い下さい。

というひとことが添えられています

 

えええっ!!!

盗聴器はすごい進化を遂げている

 

こんな風に盗聴機は日々、

進化を遂げているのです。

 

でも残念ながら、店員さんも言ってたけど

市販の盗聴発見器では限界はあるのも事実

 

身の回りに不振な出来事や、

嫌がらせ、盗聴されているかもという心当たりのある方で、

回り道によって、取り返しがつかないことになったり、

苦しい時間をすごしたくないと考えるなら、

経験豊富で確実に盗聴機を調査して発見し、

除去してくれる探偵社、興信所、専門業者 に調査を依頼したほうが絶対いいです。

 

彼らはプロの盗聴専門家でもあるのですから、

盗聴しようという人の仕掛けそうな場所も、

経験上、精通しているのです。

 

盗聴器発見業者の費用は思っているより高額ではありませんでした。

 

少なくとも、何度もいろいろな発見器を試したり、

眠れない夜をすごす精神的疲労から解消された今、

私はそう思っています。

 

あとは、個人の考え方ですね。

その方の苦しみの度合いですから。

怖さは、当事者にしかわからないから。

com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));