サーマクールは世界的に最も注目されているシワたるみの治療法

 

サーマクールはしわたるみ取りのための高周波治療としては、

世界的に最も注目されているシワたるみの治療法です。

 

サーマクールは高周波エネルギーが

皮下5ミリレベルまで熱作用をおこし

皮膚をひきしめてリフトアップし皺やたるみをなくす効果があります。

 

サーマクールは通常行われるレーザー治療、

光治療よりもはるかに強い電気エネルギーを皮膚の奥深くまで与え、

皮膚表面にダメージを与えない高周波治療なので

しわやたるみのためのリフトアップ効果大です。

 

サーマクール以外にも、

しわやたるみとりに様々な医療器が造られていますが、

サーマクールの高エネルギーの治療方法は

最近の美容整形技術の中で最も優れているといわれています。

サーマクールは痛みが強い治療法と聞きますが? サーマクールはシワたるみの治療法です

 

サーマクールは痛みが強い(個人差あり)といわれていますが、

サーマクールのしわやたるみとりの技術がすすんでいるので、

皮膚表面にダメージがなく(特に顔の治療に使われるため重要なことです)、真皮層深くまで作用します。

 

サーマクールの治療直後はその反応でコラーゲン拘縮作用も期待できます。

 

優れた技術のサーマクールで若返りのためリフトアップ効果が期待できそうです。

サーマクールはしわ取りやしわ治療に大変効果的ですが注意が必要です

 

サーマクールはしわ取りやしわ治療に大変効果的ですが注意が必要です。

 

サーマクールは電気の治療なので特に体に金属が入っている(金属を身につけている)方は

サーマクールを受ける際注意が必要になります

サーマクールはシワたるみの治療法。サーマクールを受ける注意事項

 

サーマクールの施術前の注意事項 

 

以下の事項に該当する方は、

事前にサーマクール専門医師とよくご相談してください。

 

高血圧

 

アトピー性皮膚炎

 

治療が必要な疾患を持っている

 

ペースメーカーや埋め込み式除細動器を使用している

 

骨折などで、金属プレートを埋め込んでいる。

 

治療部位に感染症や、重度の皮膚疾患が見られる。

 

糖尿病

 

悪性腫瘍

 

心疾患

 

出血性疾患

※以上の方はサーマクールが受けられない場合があります。

 

フェイスリフトやミニリフト、フェザーリフトなどの外科手術の経験がある方。

※医師の判断によりますが、治療部位や施術後の間隔が短いと受けられません。

 

治療部位にプロテーゼやシリコンが入っている

※ RFの熱による変形を避けるため、プロテーゼやシリコンが入っている部位を外しての施術になります。

 

最近他の肌治療をした、これから予定がある。

(ヒアルロン酸、ボトックス、ピーリング、フォトフェイシャル、レーザー、etc..)

※ サーマクールの前後約1〜2週間の間隔を空けることで施術が可能です

 

歯にインプラントや、歯列矯正の金具がある。

※ 念のために

 

治療部位にアプトス(APTOS)、金の糸リフトを受けている方。

アプトス糸や金の糸がRFエネルギーや創傷治癒によって、どのような影響を及ぼすか未確定のため。

 

肌がアルコールに敏感である方。

サーマクール治療前にアルコールを使うため 、

湿疹やかぶれの心配がある方は、事前にご不安な点があればご自身で判断せずに、

すべてサーマクール認定医師にご相談していただくことをおすすめします。

サーマクールの施術当日、サーマクールを受けられない場合

 

サーマクールの治療は施術当日

以下のことがある場合

サーマクールの施術を延期しなければならない場合があります

十分注意が必要です

 

治療部位に傷や化膿がある(にきびは逆に効果があります)

 

発熱した 生理中

※ 体の負担がかかるため

 

身体に取り外せないアクセサリーがある方。

 

妊娠している

 

ケロイド体質の方。

 

せっかくサーマクールで若返ろうと決意したのですから、

万全の準備で臨みましょう

 

10歳若返り!?メスを使わないフェイスリフト「サーマクール」

症例数世界No.1

たるみ・しわが気になる方に絶大な人気を誇る シロノクリニックのサーマクールNXT

         ↓↓

詳しくはこちら