レーシック手術とコンタクトレンズを使い続けることの眼障害の危険性

 

レーシック手術の危険性も踏まえ、

レーシック手術代も受ける側にとっては負担が大きい治療です。

 

けれども、近視、視力回復したいという強い気持ちと、

日常のわずらわしさから解放されたいという気持ちがあるのなら、

レーシック手術はお勧めです

レーシック手術のメリットとコンタクトレンズを使い続けることの眼障害の危険性 レーシックの経済性とメリット

 

 

レーシック手術は長期的に見れば、コンタクトレンズを使用し続けるより経済的。

 

コンタクトレンズを20年間使い続けると、なんとその金額は100万円弱!

使用しているコンタクトレンズの種類によっても多少増減はあるけれども、びっくりですね。

 

本当はレーシックの手術費用よりコンタクトレンズのメンテナンス費用や買い替えにこんなにも費用がかさみます。

コンタクトレンズ長期使用による眼障害の危険から解放されるというメリットもあわせて

レーシック手術費用がかさむと敬遠していた方に魅力的なお話でしょ。

 

眼鏡やコンタクトを使用している方々は、毎日、本当はコンタクトの手入れや日々のケアがすごく面倒くさいのに目が悪いから仕方がないと思っていませんか。

 

電車に乗ったとたんに眼鏡が曇る、鍋料理やラーメンなどご馳走を目の前に曇るめがね。

その上、メガネが下がってきたり、鼻柱が痛くなったり、いろいろ厄介ですね

レーシック手術のメリットとコンタクトレンズを使い続けることの眼障害の危険性 コンタクトレンズのデメリット

 

 

レーシックに比べ、コンタクトレンズの手入れは毎日大変です、

 

アレルギー反応、眼障害、眼の痛みの悩み。仕事に、スポーツに、日常生活に、とても便利で快適なコンタクトレンズ。

 

しかし、角膜に直接のせて使うコンタクトレンズは、デリケートな角膜にたくさんの負担をかけています。

 

ドライアイなどで涙が少なくなると、コンタクトレンズが直接角膜にくっついたり、酸素が不足がちになって、角膜の老化をはやめたりします。

 

目の表面の細胞は、主に空気中から酸素を取り入れて呼吸をしています。

 

コンタクトレンズは目にとってみればいわば異物。

その異物を目の表面に装着した状態では、細胞が酸欠に陥ったり、目の表面が傷ついたり、さらにはその傷に細菌などが付着して繁殖してしまうなどの様々な障害を引き起こす可能性があります。

 

コンタクトレンズによる目の障害の多くは、角膜の表面に細かい傷ができる程度の点状表層角膜炎です。

 

これを繰り返すと角膜が濁り、結膜(白目の表面を覆う半透明な膜)から角膜(いわゆる黒目)に向かって血管が入り込むという障害が現れることがあります。

 

その傷に細菌や病原性を有するカビつまり真菌が付着して繁殖すると、感染性角膜炎や角膜潰瘍を引き起こします。

 

ここまでくると治療によって治癒したとしても視力障害を残すことがあります。

 

コンタクトレンズによってアレルギー性結膜炎が発生したり悪化したりすることも考えられます

レーシック手術のメリットとコンタクトレンズを使い続けることの眼障害の危険性 レーシック手術後の爽快感

 

 

朝、眼を開けた瞬間に良く見えるようになりたい、

眼鏡やコンタクトレンズなしにスポーツやレジャーをエンジョイしたい。

 

LASIK(レーシック)のレーザーによる視力矯正はそんなあなたに最適です。

 

過去10数年間でLASIK(レーシック)は数百万人に対して行われ、施術を受けられた方の視力を劇的に回復させてきました。

 

レーシック手術を受けた目は視力もばっちり。よく見えます。

 

翌日には、ほとんどの人が1.0以上の視力になります。半永久的な治療効果があり、

レーシック手術前のもとのような視力に戻ることはありません。肩こりもなくなります。

 

レーシックの手術内容に特に危険性はありませんが、

レーシック手術後の健康管理は専門化の指示のもとしっかりとおこなったほうがいいです。

 

レーシック手術の効果を完璧に体験するためには、大切なことですよ。

 

レーシックは日帰りで行う手術です。入院の必要がないので、入院準備とか要らないです。

レーシックはその点でも最近仕事が忙しいから入院してる暇などないという働き盛りの方にもおすすめ。

 

それに、レーシックは両眼同時にレーシック手術を受けることができ、なんと手術は20分で終了。速いですね。

 

レーシック手術はあなたの仕事を妨げることはないのです。

 

レーシックの手術は局所麻酔。

つまりレーシックの麻酔は点眼麻酔のみで行うもの。

 

レーシックの手術は角膜を切るけれども、縫合の糸は使用しないので、抜糸の必要はないです。

角膜は無血管組織なので、一般的にレーシック手術による出血はないんです。

 

レーシックは視力回復を望む方にとてもお勧めしたい、もとの視力に戻る危険性のない手術です

 

レーシック手術はさらに進化しました。

レーシックの新型機器と優れた技術により従来より安全で、より広範な屈折性視覚障害の矯正法のレーシック手術。

 

あなたも専門の眼科、クリニックに視力回復のためのレーシック手術、相談してみてはいかがですか、。

- ホームページSOS -