視力回復のためのレーシック手術があなたに及ぼす危険性 私のレーシック手術の決意まで

 

私はこの間、レーシック手術を受けました。

 

レーシック手術といっても、イントラレーシック手術です。

 

最新の技術で危険性の少ないレーシック手術。

 

ナゼこのイントラレーシックの手術を受けることを決意したかというと‥‥

 

私は近視で長いことメガネともに暮らしてきました。

 

メガネをかけた写真が嫌いで視力矯正眼鏡を使ったこともあり視力回復のための努力は若いうちに何度もチャレンジしました。

 

でも視力は回復しませんでした。

 

中学生になってやっとコンタクトレンズを作ってもらったのに、

水泳の授業のためにはずしたコンタクトレンズを割ってしまい、

また、嫌いなメガネ生活を余儀なくされたという苦い経験もあります。

 

もちろん大人になっても今日まではコンタクトレンズを愛用していました。

 

しかし、コンタクトレンズの生活は酔っ払って家に帰って、バタンキュー、

その前に洗浄と煮沸消毒、(私はソフトコンタクトレンズ)、もう夢遊病のようでした。

 

友達と旅行に行ってもさあ寝るぞというときからさらに、

私だけ洗浄煮沸‥、コンタクトレンズを装着したまま寝ることはできないし。

 

コンタクトレンズが突然外れたり、異物が入り込んだり、ほんとコンタクトレンズって大変でした。

 

だから、イントラレーシック手術を受けて今はとても、落ち着いた毎日です。

 

イントラレーシック手術を受けて後悔したことは、もっと早くレーシック手術を受ければよかったということです。

 

裸眼でここまでよく見えるようになるなんて最高です。

 

メガネやコンタクトレンズを長く使用していると、レーシック手術後の 

レスポンスをあまり感じないこともあると 

レーシック手術前に担当の主治医から伺っていましたがそんなことはありませんでしたよ。

 

ばっちりでした。レーシック手術 わたしは。

視力回復のためのレーシック手術があなたに及ぼす危険性 レーシック手術のいろいろ

 

 

私がレーシック近視手術を受けたのは

イントラレーシック手術ですが他にもいろいろなレーシック手術があります。

 

レーシックはマイクロケラトームという機器を使ってフラップをつくり、

エキシマレーザーを角膜の実質層にあてて曲面をなだらかにし、

屈折力を調整します。

 

フラップとは角膜に作るフタのことです。

そしてエキシマレーザーとは眼球専用のカンナのようなものです。 

 

レーシック手術は眼に当てても角膜を透過せずに角膜の表面のみに作用するレーザーで熱や衝撃波も出ず、

コンピュータ制御でミクロン単位に角膜をなだらかにします。

 

イントラレーシック はイントラレースFS60レーザーでフラップを作り、

その後、レーシックと同じ、エキシマレーザーを角膜の実質層にあてて曲面をなだらかにし、

屈折力を調整しますので、レーシックで治療できないような強度近視の方でも治療することができオススメです。

 

照射時間は度数にもよりますが5秒程度前後で短く、眼への負担も非常に少なく、副作用や感染症の心配もほとんどありません。

 

イントラレースFS60レーザーとは、非常に切開面が滑らかで、エッジ部分も直角で美しいフラップが作られるので、

レーシック施術後にフラップのズレやシワは起こりにくいです。

視力回復のためのレーシック手術があなたに及ぼす危険性 エピュレーシック

 

 

エピレーシック はエピケラトームという機器を使用し、角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法です。

 

フラップ(角膜に作るフタ)を通矯正度数が通常のレーシックよりも高いため、強い近視の方にお勧めの視力回復方法です。

 

角膜の上皮細胞はレーシック手術後、新しく作られます。

 

エピレーシックで作られた薄いフラップは、最終的に消失(同化)するのでフラップがずれるというトラブルの心配がありません。

 

角膜の薄い方、格闘技など激しいスポーツをする方にはこのレーシックがオススメです。

 

私たちはみんな、それぞれの目の状態や角膜の状態が違います。

 

それぞれにあったレーシック手術を見つけ、よりよい視力回復方法を見つけてみませんか

- ホームページSOS -